ビジョン

当研究会の目的

当研究会の目的は明確です。

  1. 企業など組織の持続的成長の役に立つこと
  2. 個人の人生の持続的な向上の役に立つこと

 です。これをとおして、社会の進歩発展に寄与いたします。

当研究会の実際的視点の追及

当研究会の目的を達成する手段としての事業は多様であり、しかも実際的であることを目指します。

すなわち、経営を中核として、税務、法務の全体を統合した視点から、時代の変化に適応した多様で実際に活用できるものを追求します。

(1)経営の実際の発想

戦略も重要です。しかし、実際的観点からは、元気な態度で立てたものか、そうでないかによって、同じ戦略でも大きく成果は変わる点も重視します。

(2)税務の実際

企業など組織の持続的成長の視点から、税務の機能を考えます。

そのため、税務は財務の健全性につながり、キャッシュフロー経営の基盤として捉えることになります。

同時に、社会的な信頼を重視する観点から、税金の軽減策の限界を捉えることになります。

しかも、税務の実際的視点からは、税務調査が極めて重要な位置づけを持つことになります。

(3)法務の実際

法務は、業界・企業など組織の持続的成長の礎となります。法務の機能は、法令順守それ自体に意味があるのではなく、本質的には、経営の効率性を高めるためにあるものです。

法務を自在に活用できる者が最終的に勝利者となることは明らかです。

当研究会は、各方面の第一線で活躍する優秀な経営者・弁護士・会計士・税理士・コンサルタント等と連携し、経営者、法務・税務・会計等の士業、あるいは各専門分野のプロフェッションの垣根を越えて、お客様の経営課題、あるいは人生の課題の解決と事業の成長に向けて、お客様とともにチャレンジしていく所存です。