印紙税実務検定

「印紙税実務検定(初級)」今冬開講予定

※新日本法規様との共催プレセミナーのお知らせもこの辺りにバナーとして載せたい。

「人の迷いどころを、あなたの強みに」

 現代社会において、契約書は日々の経済取引に不可欠なものです。そしてそこに必ずと言っていい程ついて回るのが印紙税です。その一方で、いざややこしい問題に直面した時に一体誰に相談すれば分からないというお声も多く聞かれ、印紙税が意外にも士業の落とし穴となっている現状がうかがえます。そこで日経税では、実務に携わる皆様のお悩みにお答えすべく、実務家人気講師・都築巌氏をお招きし印紙税実務検定を新設致しました。
 当検定初級は、法令や通達等の読み方の習得から、具体的な契約書の事例での課否判断という実践レベルまで受講者の方の実力を底上げすることを目標にしております。複雑な法文の解きほぐしや陥りやすい思考の罠、日常的業務で用いられる契約書の読み解き方(や電子契約書と印紙税等最新のトピック)に至るまであますことなく解説するため、日々税務に携わる民間企業の方から、クライアント様のワンランク上のご要望にお応えしたい士業の方まで全ての方にご満足頂ける充実した内容となっております。
 当検定が皆様のスムーズな印紙税業務に貢献出来れば幸いでございます。

※当検定は全てインターネット受講となっており、受講者の方のご都合に合わせて受講頂くことが出来ます。また、企業内での研修としてもご活用しやすい形態となっております。

検定詳細

◆第1期開講日:12月●●日
◆受講方法:インターネット受講(講義及び試験)
◆内容:色々列挙

講師紹介

(写真)
都築巌(つづき・いわお)
 立命館大学法学部卒業後、大阪国税局及び管内各税務署に勤務。間接税、法人税、消費税等の調査及び審理事務に従事。平成13年、大阪国税局不服審判所勤務を最後に国税局を退職。同年京都府宇治市において税理士開業。
 現在、租税訴訟学会理事、租税訴訟学会近畿支部幹事、日本税法学会会員、近畿税理士会業務相談室相談員、税理士会関係各団体主催研修講師、公認会計士協会近畿実務補習所講師、弊社各種セミナーで活躍。税理士としての自身の活躍は勿論のこと、広い視野と深い法律知識に基づいた平易な語り口は実務家を始めとした幅広い層から好評を博している。

申し込みフォーム